ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

株式会社岩田製作所(関市・機械製造業)

  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 育児中の多様な働き方

従業員数/男性71名 女性24名 計95名 ※平成28年3月1日現在

平均年齢約34歳と子育て中の若手社員が多い。産前・産後休暇や育児休暇の取得率も高く、復帰率はほぼ100%。育児休業制度または短時間勤務制度は満3歳まで、育児手当は満18歳までと子育て家族を手厚く支援している。

社員第一、支援制度を充実

 機械製造業、岩田製作所(本社・関市)は、「一番大事なのは社員」を基本理念に、家族が参加するイベントを毎年開催したり、さまざまな休暇の取得率アップに向けた取り組みを進めている。
 年に1回開催している「ふれあい祭り」は年中行事。園児や児童のいる家族が多いことから、親子で楽しめる機会を持とうと2011年から始めた。5回目の「ふれあい祭り」では、バドミントン大会を開いたり、影絵の鑑賞会を開いたりした。3年に1回は「子ども参観日」として、お父さんやお母さんの仕事の様子を知る機会にしている。
 同時に、制度の充実も図っている。育児休業は満3歳までを取得期間とし、短時間勤務制度も導入。育児手当は満18歳に達する年度末まで支給し、第3子には1万2000円を支給するなど、手厚く支援している。また、年次有給休暇の取得を推進するため、半日有給取得を可能にしたり、8月と12月は全社休業日を設けたり、祝日のない6月や誕生月、夏休みに取得しやすいように、休暇項目を増やしているほか、介護が必要な場合は、月1回の特別休暇を設けている。総務部の岩田伸部長は「半期ごとに有給取得計画の作成などに取り組んできた。これからも取得しやすい環境を整えていきたい」と話している。


子育て中の若手社員が多いため、手厚い子育て支援を続け、親子で楽しめる機会も設けている。


毎年ふれあい祭りを開催。子ども参観日では、子どもたちがお父さん、お母さんの働く職場を見学している。