ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

株式会社アルト(岐阜市・高齢者介護)

  • インターンシップ
  • 事業所内保育施設・保育支援
  • 介護中の多様な働き方
  • 地域連携
  • 多様な休暇制度
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 女性管理職登用
  • 年休取得率50%以上
  • 所定外労働時間(月平均)10時間以下
  • 育児・介護復帰支援
  • 育児中の多様な働き方

従業員数/男性25名 女性128名 計153名 ※平成30年2月現在

岐阜市内で4カ所、愛知県内で1カ所のデイサービス施設を運営。それぞれのライフスタイルに合った勤務時間を本人と相談し、希望をできる限り採用するなど、働きやすい職場づくりに努めている。

病児受け入れ可能な託児所完備

 介護士や看護師、理学療法士など、職種ごとの業務を明確にし、それぞれが専門の業務に専念できるよう配慮。負担の軽減につながり、直近1年間では、一カ月あたりの所定外労働時間を平均2・5時間まで抑制できた。
 それぞれのライフスタイルに合った働き方ができるよう、勤務日数や時間にも柔軟に配慮している。有給休暇は、以前は本人の希望日のみに取らせていたが、人員に余裕がある場合などに会社側から職員に有給付与の打診をするようにしたところ、50%以下であった取得率が78%にまで上昇した。
 幼い子どものいる職員への支援にも力を入れる。岐阜市内に4つある事業所の中間地点に託児所を設置、平日はもちろん土曜日と祝日も開所しており、1日500円で利用可能、病児保育にも対応している。小学1年の息子と年少の娘を持つ介護福祉士の水谷千草さんは、娘が2歳のときに仕事を始めた。「託児所があると知りアルトへの就職を決めた。娘が幼稚園に入るまでは勤務の度にお世話になった」と振り返る。現在も長期休みや学校を病欠したときなどに利用、「託児所は小学生も利用することができ、おかげさまで安心して働くことができる」と話す。
 また月1回、17時30分から開かれる事業所ごとのミーティングは、子連れ参加を認めている。会議中、子どもたちは職員用休憩室で自由に過ごす。子連れ参加を認めたことで、参加できる職員が増え、情報共有がしやすくなったなど、会社側にも利点が多い。


食事前の口腔体操を指導する介護福祉士の水谷千草さん。託児所があると知り、アルトへの就職を決めた。


月に一度、17時30分から事業所ごとに開かれるミーティング。子連れでの参加を認めたところ多くの職員が参加できるようになった。