セミナー・講座等

イクボス養成ミニ学習会開催レポート

【2017年11月28日更新】

 職場で共に働く部下のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司「イクボス」を増やすことを目的とした学習会を、岐阜、東濃、飛騨の県内3箇所で開催し、経営者・管理職の方など計78名が参加しました。

 学習会では、まず、講師の木村麻理氏(株式会社ママプロ代表取締役・社会保険労務士)が、「イクボスとは何か」や「ワーク・ライフ・バランスが必要とされる背景」について講演したのち、家庭と仕事の両立支援等の取組みが特に優れている「岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業」経営者等から先進的な取組事例を学びました。最後に参加者同士の意見交換を通じて、参加者がイクボスとして自社でできる取組みを洗い出しました。

 参加者からは「制度よりも職員の状況(家庭、仕事)を良く理解する事が大事だと思いました。またそれが大事だという事を上層部の方にも理解してもらえる努力が大事だと思いました。」や、「イクボスが何なのかを理解しようと思い受講しました。自分自身も家庭内のことを妻にまかせっきりになってしまいます。もう少し家庭のことにも目を向けるべきだと考えました。」といった意見がありました。

 経営者の皆さん、是非イクボスを目指し、出来る事から取組んでください!

開催レポート.jpg

開催レポート②.jpg