岐阜で活躍する女性の紹介
〜岐阜で活躍する女性からあなたへのメッセージ〜

子育ての傍ら、歌・食・動を通し
「自分にできること」で
誰かのライフスタイルに
小さなきっかけを提供する
それが仕事です


「Studio Annie Ray/Ray(れい) Voice Counseling School」講師
「Studio Annie Ray/muffin cafe」店長&チーフ
「ドン!ぺこっ!呼吸で骨盤体操」講師

Ray(れい)さん(瑞穂市)

【2017年7月 4日更新】

「Ray(れい) Voice Counseling School」講師のRay(れい)さんは、カフェの店長&チーフや「ドン!ぺこっ!呼吸で骨盤体操」講師などを務める、多才な女性。2016年10月には、ヴォイトレstudioに併用し、焼きたてのマフィンが味わえるカフェ「Studio Annie Ray/muffin cafe」を自宅にオープンするなど、精力的に活動しています。活動の拠点に自宅を選んだのは子育てのためと話すRay(れい)さんのお人柄に迫ります。

音楽に目覚めた幼少期
プロを目指して

 父はプロドラマー、母はプロダンサーという家庭環境で育ったので、幼い頃から音楽は身近な存在でした。歌うことに目覚めたのは10歳の頃。沢田研二さんに憧れて、自己流でトレーニングをはじめました。当時、父は副業で歌手育成の講師をしており、その様子を盗み見しては自分の練習に取り入れたり、好きな曲を徹底的に聴き、フルコピーするなどで、技術を得ました。トレーニングは手をかけた分、必ず自分に還ってきます。それが唯一の友だったので、日々の練習が自己存在確認の全てでした。
 両親の反対を押し切り、プロバンドへの道を目指し始めたのは16歳の頃でした。翌年にメンバー入りしたバンドでライブ活動をスタート。その頃、有名処だった某ライブハウスのオーディションに落ちた時はメンバー共々、かなりこたえましたが、地方のファン動員数を増やし、向こうからオファーが来るくらいのバンドになるため、さらなるライブ活動を展開しました。岐阜のみならず、愛知・三重・静岡など東海地方のステージに立ち、年間100本超えのライブ出演をこなすバンドになりました。短期の充電期間を経て、新たに活動する中、バンドリーダーが脱退へ。メロディーメーカーである彼が不在ではバンドカラーが保てず、解散へと至りました。

ヴォイトレ教室運営する中で
健康増進体操を友人と開発

 音楽活動を断ち切れず、活動復帰したのは30歳の頃。自分の想いを表現したいと機材を揃え、作詞に加え、作曲・アレンジを始めました。
 家計を支えるため、本業としてヴォイストレーナーを始めたのは9年前。当時は父が運営していた教室でカラオケ愛好家の方を対象に指導。本格的に講師業に取り組もうと6年前には自分のスクールをオープン。現在は自宅内にスタジオ兼カフェを構え、呼吸法から歌唱までを指導しています。生徒さんがスクールに通う目的はさまざま。一人ひとりの希望や性格に合わせた柔軟な指導を心がけています。レッスンごとに変化する生徒さんを見ていると、年齢問わず、人の可能性に感動します。成長してゆく姿を見られることが、1番の喜びですね。
 ヴォーカリストとして身につけた腹式呼吸の知識を活かし、カイロプラクターの友人とともに「ドン!ぺこっ!呼吸で骨盤体操」も開発。体内に酸素をたくさん取り込める腹式呼吸には血流を促したり脳を活性化したりとメリットがいっぱいです。加えて身体を動かすことで、さらなる代謝と脂肪燃焼が期待されます。現在、瑞穂市総合センターで「ドン!ぺこっ!呼吸で骨盤体操」を月2回のペースで開講。カイロプラクティックの補助アイテムである運動ゴムを腰と肩に巻き、姿勢を確保しつつ、腹式呼吸で緩やかにストレッチしています。好ましい発声は、良い姿勢があってこそ。腹式呼吸は特別な道具が不要。どこでも気軽にできる呼吸法なので、みなさんの生活にも取入れて欲しいですね。
 講師活動に兼ね、連れ合いでもあるStudio Annie Rayオーナーとヴォーカルユニットを組んで、音楽での「Studio Annie Ray」としても活動しています。現在は年に数回ライブ展開していますが、今後はもっと精力的に活動していきたいですね。

「ただいま」の声を聴くために
子どもを近くで見守る生活を選択

 子どもは3人。子どもたちの心の動きを把握したいと、かねてから自宅で出来る仕事をしてきました。子どもの心境は「ただいま」の一声に現れるもの。家に帰ってきたときに親が不在では、子どもの異変に気づくことはできません。離婚経験もあり、お金のために、外へ働きに出る仕事もしましたが、子どもたちの「ただいま」の声を聴くために、苦しくても在宅での仕事をあえて選択してきました。
 2016年10月に、自宅の一部を改装し「Studio Annie Ray/muffin cafe」をオープン。自分の子育てを通して食の大切さを実感したことから、当店の手づりマフィンは、マーガリン・ショートニングは使用せず、素材の基盤となる「水」からこだわり、油・砂糖・小麦粉にも配慮しています。小学生のお小遣いでも時々買えるようにと、子どもに人気の商品は低価格に設定。オープンして数カ月ですが、徐々に来店者さんが増え、嬉しく思います。
 現在はテイクアウトがメインですが、店内にはカフェスペースもあるので、「おうちカフェ」として気軽に利用していただきたいですね。将来はミニライブ等の企画で、人と人とが関われる集いの場を提供したいと思います。