ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

サン工機株式会社(大垣市・機械器具製造業)

  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 育児中の多様な働き方

従業員数/男性62名 女性20名 計82名 ※平成29年1月1日現在

女性従業員の育児休業取得率100%を誇る。子育てだけでなく、社員の諸事情を加味した様々な制度を積極的に活用して、仕事と家庭の両立と就労の継続をサポートしている。

女性も正社員で就労継続

 これまで女性従業員の育児休業取得率100%を誇り、希望に沿ってほとんどが出産前と同待遇で復帰しているサン工機。企画・総務部がチームとして丁寧に1人1人の相談に対応し、保育園への途中入所が困難な場合は、育児休業を延長したり、復帰後も子どもの送迎のため、朝夕1時間の短時間勤務を採用するなど、社員の事情に合わせて柔軟に制度を整備。その結果、現在約20人いる女性社員のすべてが、フルタイムの正社員として勤務している。
 その中で企画・総務部の那須明美さんは、より細やかな支援を実現するため、2009年に岐阜県が主催する子育てマイスターセミナー専門コースを修了。自身もこれまで育児休業を取得した経験を生かし、結婚や出産を控えた社員の窓口として、活用できる制度を案内したり、寄せられる悩みにも迅速に対応できるよう努めている。
 こうしたチームとしての取り組みのおかげで、近年は結婚・出産で退職することなく、長く勤める社員が増加し、孫の出産を手伝うため、子女出産時の特別有給休暇を取得するケースも。企画・総務部の早野孝治部長は、「長い社会人生活の中、様々な環境の変化が訪れる。社員がストレスをためず生き生きと働けるよう、子育てに限らず用途に合わせた制度の利用を促していきたい」としている。


資格取得者、永年勤続者などを表彰することで、各社員が貴重な人材であるという意識が社内に浸透。


年に一度は全社員が集まる機会を持ち、相互理解に務めている。