ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

タック株式会社(大垣市・情報通信業)

  • インターンシップ
  • 地域連携
  • 多様な休暇制度
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 女性管理職登用
  • 年休取得率50%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • 育児・介護復帰支援
  • 育児中の多様な働き方

従業員数/男性265名 女性48名 計313名 ※平成30年1月1日現在

育休中の賞与支給や復帰前後をフォローする面談などを行い、安心して育休取得ができる環境を整える。育休中の社員と育休経験者とが情報交換できる懇親会を年1回開き、復帰支援にも努める。

育休取得も復職も円滑に

 タックでは、2010年から育児休業を2才前まで延長。休業中も賞与を支給するなど、女性の育休取得を促している。また、育休後の職場復帰サポートにも注力。復職1~2ヶ月前には、面談で希望の働き方を確認し、復帰1週間後には、産業保健師が健康指導や相談を行う「育休明け保健師面談」を実施する。「復帰直後は生活の変化が大きく、無理をしがち。保健師が専門的な目で相談にのることで、安心して復職できると好評」と話すのは、企画管理部の安藤玲子さん。
 復帰後は、就学前までの育児短時間勤務や、小学5年生になる前までのフレックスタイム制を選択可能。また気軽に年休を取れる環境を目指し、5人程度のチーム体制で、互いに休みを取得する際の業務をサポートする。復職後、短時間勤務で働く水谷実沙子さんも「家事との両立に不安もあったが、上司も子育て中の女性管理職なので心強い。周りにも就業時間に帰れるよう協力してもらい、助かっている」と、子育てに理解ある雰囲気を語る。人事部も、毎月社員の結婚や出産などの情報を社内報で発信し、家庭を大切にする社風づくりに励む。
08年からは年7日の年休一斉取得日を実施したり、半日単位で取得可能にすることで、年休取得率も常に50%以上。出産・育児理由の退職者も10年以降ゼロを推移し、数字からも働きやすい職場環境が窺える。


年1回、育休中の社員と育休経験者との懇親会を開催し、情報交換の場をつくっている。


「休業中も随時会社の状況を教えてもらい、復帰後の働き方がイメージできた」と語る豊島恵美さんは、約1年前に2人目の育休から復帰。