ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

向陽信和(株)(土岐市・建設業)

  • インターンシップ
  • 事業所内保育施設・保育支援
  • 介護中の多様な働き方
  • 多様な休暇制度
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 女性管理職登用
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • 育児・介護復帰支援
  • 育児中の多様な働き方

従業員数/男性35名 女性6名 計41名 ※平成30年12月現在

休日出勤を削減する独自の制度を導入し、家族と過ごす時間を確保。子連れ出勤を認めるなど、子育てをしながら働ける環境を整える。社員の家族にも会社行事に参加してもらい、仕事への理解を促している。

家族への理解と絆を深められる職場

 働き方改革に関する社内研修や、19時退社などに取り組み、年次有給休暇取得率が倍増。月平均時間外労働時間が、2012年度の62時間から17年度は14・3時間に減少した。休日出勤を減らすために休日出勤をしなくても日給の7割を支払う制度を導入。休日出勤する社員が減って、週末を家族と過ごせる社員が増えた。現場主任の日比野嗣基さんは、「子どもに野球を教えることができる」と喜ぶ。社員の家族に忘年会や社員旅行、夏祭りなどの会社行事に参加してもらうことで、仕事に対する理解促進も図る。
 子育て世代が働きやすいように子連れ出勤を認め、社内にキッズスペースを設置。保育所入所前だけでなく、学校が長期休暇の場合も利用が可能だ。子どもの体調不良、学校行事への参加などに合わせて短時間勤務も可能で、育休取得者が安心して職場に復帰できる環境を整備した結果、子育て世代の女性パート社員2人の採用につながった。
 現在会社で女性唯一の現場技術者として、子育てをしながら働く山岸朋香さんは、「やりがいのある仕事をさせてもらっている。子連れ出勤しながら働けるのも助かる」と感謝。今後は、現場と事務を兼務できる職種を新設することで、多様な働き方を望む人材の確保にも力を入れていく。
 結婚祝金、出産祝金、住宅購入金のほか、誕生日祝いとして商品券を支給。インフルエンザ予防接種費用の補助も行うなど、充実した福利厚生制度が整っている。


女性唯一の現場技術者として、子連れ出勤をしながら働く
山岸朋香さん。


家族同伴の社員旅行など、社員の家族も積極的に会社行事に参加。