ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

株式会社イマオコーポレーション(関市・製造業(機械部品))

【2020年7月 6日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 多様な休暇制度
  • 所定外労働時間(月平均)10時間以下
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 育児中の多様な働き方
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • インターンシップ
  • 女性管理職登用

従業員数/男性185名 女性96名 計281名 ※2019年12月現在

エクセレントPOINT

①当日出荷分の受注時間を前倒すなど、業務改善で長時間労働を是正
②社長と全社員が個人面談し、社長自らが社員のニーズを把握
③最大100日の特別傷病休暇、企業団体保険加入など福利厚生の充実

社員、家族に寄り添う働き方制度の充実

 産業機械用部品の開発、製造などを行っているイマオコーポレーションでは、所定外労働時間を発生させないよう徹底して取り組んでいる。昼休みや終業時間の10分前からは留守番電話に切り替えたり、2018年10月からは当日出荷分の受注締め切り時間を14時から3時間早めて11時にするよう関係各社に依頼。2人の子どもを育てながら時短勤務で働く業務部機工グループの森恵里子さんは、「受注締め切り時間が前倒しされたことで、時短勤務中でも落ち着いて働けている」と話す。入社7年目の美濃第一工場技術部開発課の河村文美さんは5年ほど残業したことがないと言い、「繁忙期でも残業にならないよう、上司と相談して仕事を進めている」と話す。有休も取りやすく「3連休に有休をつなげて海外旅行に行くこともある」と笑顔を見せる。
 2年に一度、社長との個人面談もあり、社長自らが社員のニーズを把握することで、希望に沿った人事異動や社内制度の見直し、福利厚生制度の導入につながっている。実際に有休の入社日付与や工場内の冷暖房完備、同僚社員の結婚式出席の際の祝儀補助などが実現した。
 社員想いの職場づくりは今に始まったことでなく、入社後1年が経過した全ての正社員を対象に、会社負担で死亡保険や傷害保険、医療保険、労災上乗せ保険に加入する取り組みは30年以上前から実施。会社が負担する保険料は年間2000万円ほどと同規模の会社と比較して格段に高いと言い、社員はもちろん支える家族も安心して仕事に送り出すことができている。


受発注業務等を行う業務部機工グループの森恵里子さん。当日出荷分の受注締め切り時間が前倒されたことで、時短勤務中でも焦ることなく働けているという。


今尾任城社長と個人面談する美濃第一工場技術部開発課の河村文美さん。和やかな雰囲気の中、仕事の状況や悩み等を打ち明けることができる。