ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

内堀醸造株式会社(八百津町・製造業(食品))

【2020年7月 6日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 多様な休暇制度
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 育児中の多様な働き方
  • 介護中の多様な働き方
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • インターンシップ
  • 地域連携
  • 女性管理職登用

従業員数/男性78名 女性83名 計161名 ※2019年12月現在

エクセレントPOINT

①各部署で仕事の見える化を行い、計画的に人材育成
②スキルマップの活用により、休みを取りやすい環境を実現
③東海地区の製造業では初めてユースエール認定企業に選出

スキルマップで仕事を見える化

 内堀醸造では、各部署の業務で必要なスキルを洗い出し、各社員の従事可能な業務を一覧表にまとめたスキルマップを作成。各部署の仕事の見える化を行い、計画的な人材育成を図ることにより、子どもの発熱などの緊急時も円滑な業務代行が可能だ。2019年の年次有給休暇取得率は77.2%で、業界平均の58.4%を大きく上回る。品質管理課の鷲見聡子さんは、「その人しかできない仕事を無くすため、新たなスキルを身に付けようと思える」と話す。
 月1回の会議では各部署の時間外労働時間を把握し、時間外労働が多い社員には適切な指導を行うことで正社員の月平均時間外労働時間が、16年から19年で約4時間減少した。さらに年に1度、上司との個別面談を実施。入社2年目、5年目を迎える社員には重点的に研修なども行う。
 16年には、若者の雇用管理が優良な中小企業に送られる「ユースエール認定企業」に東海地区の製造業として初めて選出されるなど働きやすい環境が評価されている。
 他にも、月末の金曜日を自社製品を使用して食事をする「サラダの日」に設定し、自社製品を社員が使うことで、会社への愛着心向上を図っている。総務課の門井遥さんは、「自社の製品に直接触れることができ、他部署との交流も図れる」と効果を実感。
 また、産業カウンセラーの資格を持つメンタルヘルス管理者と気軽に相談できる場を設けるなど、社員の精神面のケアにも力を入れ、長く働き続けられる職場環境を整備している。


品質管理課の鷲見聡子さんは「スキルマップのおかげで仕事を代わりにやってくれる人が増え、安心して任せることができる」と効果を実感。


「サラダの日」では自社製品の良さを直接感じることができ、他部署との交流も図れて会社への愛着心を向上させている。