ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

株式会社ユアソフト(飛騨市・情報通信業)

【2020年7月 6日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 多様な休暇制度
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 育児中の多様な働き方
  • 介護中の多様な働き方
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • インターンシップ
  • 地域連携

従業員数/男性66名 女性27名 計93名 ※2019年12月現在

エクセレントPOINT

①様々な取組みにより時間外労働時間を2年間で半減
②有給休暇取得促進により2018年度の取得率92.1%
③在宅勤務などの多様な勤務形態と、充実したキャリア形成支援

多様な勤務形態とスキル向上を支援

 ユアソフトでは、毎月年次有給休暇の取得状況を把握し、細かくデータを分析。入社3か月で10日の年休を付与するほか、法を上回る最大40日の年休繰り越しを可能とするなど、休暇を取得しやすい環境を整備しており、2018年度の取得実績は92.1%と業界平均を大きく上回っている。
 時間外労働時間のデータ分析も毎月実施。時間外労働の事前申請においては、月の時間外労働時間数が多くなるほど、より上の役職者の承認を必要とする体制をとり、本当に必要な業務か精査している。その結果、月平均時間外労働時間が、16年度から18年度で約10時間減少した。
 社員の多様な働き方を促すため、勤務間インターバル制度、在宅勤務制度を導入。状況に応じて在宅勤務制度を利用する管理部の小坂諭史さんは、「子どもの体調不良時に家で面倒を見ながら働けるのはありがたい」と話す。また、通勤時間を短縮させるため手厚い家賃補助を実施し、勤務地周辺からの通勤を可能にしている。そのため東京オフィスでは、通勤30分以内の社員が57%、徒歩圏内は14%を占める。
 社員のキャリアアップ支援では、職務に必要な能力を身につけるための計画を立てる「セルフ・キャリアドック」や、新入社員を対象にした「キャリア形成研修」を実施。
 さらには心身のリフレッシュや結婚支援のための補助も行っているほか、自己研鑽では、オンラインで様々な講座を自由に受講できる学習環境を提供するなど、社員のプライベートにおいても積極的な支援を行っている。


小学校と保育所に通う子どもを持つ管理部の小坂諭史さんは、子どもが体調不良の時や学校の長期休暇などの場合に在宅勤務制度を利用している。


地元の初金毘羅宵祭に参加するなど、イベントを通じて心身のリフレッシュを図ることも重視する。