ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

株式会社リーピー(岐阜市・ホームページ制作、運用支援)

【2020年7月 6日 更新】

  • 多様な休暇制度
  • 所定外労働時間(月平均)10時間以下
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 育児中の多様な働き方
  • 介護中の多様な働き方
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • 保育・子育て支援
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • インターンシップ
  • 地域連携
  • 女性管理職登用

従業員数/男性10名 女性16名 計26名 ※2020年3月現在

エクセレントPOINT

①裁量労働制の導入
②社員の健康を増進するための健康食事手当の支給
③副業の推進や個人の趣味を生かした部活制度など、新しい取り組みを積極的に実施

一人ひとりの人生や価値観を重視した働き方を

 リーピーは、社員一人ひとりが自分に合った働き方ができるよう、仕事の状況やライフスタイルに合わせて働くことができる裁量労働制を導入。効率化を目指した業務改善や、仕事内容を共有し、複数の社員でフォローし合う仕組みづくりを進め、年間休日130日やGW、夏季、年末年始に8〜11連休などが取れる体制を整えている。
 経営者自らも育児のために2週間の休業を取得し、男性社員にも合計10日以上の育児休業を義務づけるなど、家庭を大切にする風土の醸成にも取り組む。マーケティング部の野村公則マネージャーは、「出産後、妻が体調を崩し、看護が必要になった際、就業時間中に会社を抜けて様子を見に行ったり、在宅で働くことを認めてもらえたので、無理なく仕事との両立ができた。他の社員が結婚や子育てなどライフステージの変化を迎える時には、同じように支えていきたい」と話す。
 また年に一度、社長が全社員と面談をしたり、日報に業務の改善点を書き込む欄を設け、社員の要望を把握できるよう努めている。美術館や映画、芝居などの鑑賞を補助する「アート感じる制度」や、ダンスやデザインなど社員の趣味を活かした「部活制度」などのユニークな福利厚生制度を創出し、充実感を満たした職場づくりを図る。また、副業やリモートワークの全面的な導入など、より柔軟で働きやすい体制の整備に努めている。


年に一度社長が全社員と面談し、個人のキャリア形成に加え、業務内容についての要望を聞き、改善に努める。


社員同士が活発にコミュニケーションを取ることで、会社に対する要望や改善点が伝えやすくなった。