ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

損害保険ジャパン株式会社 岐阜支店(岐阜市・保険業)

【2020年7月 6日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 多様な休暇制度
  • 所定外労働時間(月平均)10時間以下
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 介護休暇・休業取得実績
  • 育児中の多様な働き方
  • 介護中の多様な働き方
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • 保育・子育て支援
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • インターンシップ
  • 地域連携

従業員数/男性62名 女性135名 計197名 ※2019年12月現在

エクセレントPOINT

①多様な人材が強みを発揮しながら活躍できる組織づくり
②より良いコミュニティー・社会づくりのための社会貢献活動を実施
③デジタル技術を活用した「安心・安全・健康のテーマパーク」の提供を目指す

多様な人材が活躍できる職場に

 女性の活躍推進のため、県と協働で2016年に異業種交流会「地域ダイバーシティin岐阜」を創設。賛同企業・団体に勤務する女性社員と人事総務部門の役職員を対象に、セミナーやディスカッションを行っている。19年度は延べ84人が参加した。
 WLB推進のため、社員が一丸となって労働時間の短縮や生産性向上について考え実践する期間を設け、期間中の月平均時間外労働時間が7月は前年比1.4時間、8月は前年比4.2時間短縮させることができた。
 本社主催の「育休者フォーラム」には、岐阜支店の社員も積極的に参加。仕事と育児を両立させるためのノウハウを学ぶだけではなく、上司も参加して育児中の部下の働き方について一緒に考える貴重な機会となっている。この取り組みが功を奏し、17年度の岐阜支店の育休取得者8人全員が離職することなく職場復帰。また妻の出産後に取得可能な男性の育児休暇は、17年度の対象者5人全員が取得した。
 社会貢献活動も精力的に行っており、救命講習や認知症サポーター養成セミナーの開催、地域ボランティア団体への助成金贈呈、ぎふっこカードへの協賛、災害時徒歩帰宅支援活動、福祉施設で毎年行う車椅子清掃活動など多岐にわたる。県教育委員会を通じ、新小学1年生に傷害保険付き黄色いワッペンを贈る活動は40年以上前から、古本やエコマーク等の回収は10年以上前から続けるなど、より良い社会づくりの一翼を担っている。


異業種交流会「地域ダイバーシティin岐阜」は、地域で働く女性同士が職場の取り組みや制度、女性活躍へ向けたアイデアを発表し合う貴重な機会となっている。


社会貢献活動として、地域のボランティア団体に助成金を贈るなど、より良いコミュニティーづくりを支援している。