ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

社会福祉法人白寿会(垂井町・福祉(介護))

【2020年7月 6日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 多様な休暇制度
  • 所定外労働時間(月平均)10時間以下
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 介護休暇・休業取得実績
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • インターンシップ
  • 地域連携
  • 女性管理職登用

従業員数/男性32名 女性126名 計158名 ※2019年12月現在

エクセレントPOINT

①子育てや介護との両立を支援する多様な勤務形態の導入
②勤務シフトの多様化とノー残業デーの実施による時間外労働の削減
③プリセプター制度の導入による新入職員の人材育成

職員主導で職場の働き方改善

 白寿会では、子育てや介護との両立を支援するため、多様な勤務形態を提供。育児短時間勤務制度を小学校就学前まで利用可能とするほか、休業中の職員の職場復帰に向けては定期的に面談し、安心して復帰ができるよう配慮している。
 また、実質週休3日が可能となる10時間勤務や、休憩時間を4時間以上取得することで、時間を有効活用できる勤務制度を、現場ごとに選択できるようにするなど勤務シフトの多様化により、時間外勤務時間の削減にもつなげている。
 2019年度から入浴介助専任パートとして、仕事と子育てを両立している山田和枝さんは、「午前中に2時間の入浴介助のあと、午後の入浴介助までの時間に一時帰宅し家事を済ませられるので、仕事が終わってから余裕をもって子どもを迎えられる」と話す。
 他にも、月1回のノー残業デーを週1回に拡大し、「振り返りシート」の活用で職員への意識づけを図っている。
 さらに、人材の育成と定着のため、新規採用職員に対しては、悩みを理解しやすい入職3〜4年目の職員がマンツーマンで業務指導を行う「プリセプター制度」を導入し、業務はもちろん、生活上の不安や悩みの解決もサポートしている。プリセプター自身も後輩に教えるための勉強が必要となり、新人職員とともに成長が実感できている。


多様な勤務形態の導入など、働きやすい職場環境の整備により、男性職員の育児休業取得実績もある。


「プリセプター制度」を導入し、マンツーマンで業務指導を行いながら、新人職員の人材育成に取り組んでいる。