ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

株式会社トーカイ(岐阜市・サービス業)

【2020年7月 6日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 介護休暇・休業取得実績
  • 育児中の多様な働き方
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • 保育・子育て支援
  • インターンシップ
  • 女性管理職登用

従業員数/男性1,659名 女性2,270名 計3,929名 ※2019年12月現在

エクセレントPOINT

①保育料や病児・病後児保育利用料の補助制度の導入
②社員のワーク・ライフ・バランスの実現に向け「イクボス宣言」を実施
③ノー残業デーや勤務間インターバル制度の導入により所定外労働を削減

仕事と家庭、双方の充実を

 従業員の所定外労働時間削減に取り組むトーカイ。人事部労務衛生課の厚見智美さんは、「残業時間が長い従業員を把握し、早く帰るよう促している」とし、月45時間を超える残業が続く従業員から、労働環境を聞き取るなど、改善に尽力する。
 また並行して、2006年から半日年休を導入するなど、年休取得を促進。14年からは、夏季における計画的な有給休暇取得に向けて、各部署で有給休暇計画表を作成し、取得率を92%まで上昇させた。こうした取り組みが、効率的な仕事や休みを取りやすい雰囲気につながっている。
 育児中のサポートも手厚い。執行役員人事本部長の 木伸二さんは、「育休中も会社の情報を提供し、復帰後のキャリアを考えるセミナーを開いている」という。また07年には、育児短時間勤務制度を小学2年生前まで延長した。営業企画部係長の立川幸枝さんは、「子どもの送迎や家事に余裕ができた」と話す。さらに、第2子までは月4千円を上限、第3子以降は保育料を全額補助するなど、手厚い支援を行っている。
 女性の職域拡大にも前向きだ。男性579人に対し16人のみだった女性営業職に、15年から10人の新卒を採用。女性対象の研修会や女性20人による商品開発チーム「リースキン商品女性座談会」を設置し、女性の活躍に期待を寄せている。


土田のぞみさん(写真右)は2人の子どもの出産を経て職場に復帰。


立川幸枝さん(写真右)は育児短時間勤務制度を活用しながら働く。