ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

株式会社ダイワテクノ(岐阜市・設備工事業)

【2021年4月 8日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 多様な休暇制度
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 介護休暇・休業取得実績
  • 育児中の多様な働き方
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • インターンシップ
  • 女性管理職登用

従業員数/男性37名 女性6名 計43名 ※2020年12月現在

エクセレントPOINT

①中学入学前までの育児短時間勤務制度
②「子育てマイスター」による育児休業等のアドバイスをする窓口を設置
③男性社員の育児休業取得推進

社員の要望、迅速に制度化

 ダイワテクノでは2014年に本社を移転新築し、社則を見直すなど、新たな体制づくりに取り組んでいる。中でも子育て支援については、育児短時間勤務制度を中学校入学前まで引き上げたり、子どもの看護休暇の有給化のほか、急な発病や送迎時には年休を時間単位で取れるようにするなど、制度を次々に改正。また、県が行う子育て講座を修了し「子育てマイスター」を取得した社員が他の社員に出産・育児手当や育児休業等のアドバイスをする窓口を設置した。
 同社は大半が男性社員であるため、男性の育児休業取得を推進しており、廣川重幸社長は、「自分も子育てを経験し、父親の育児参加の重要性と楽しさを知った。男性社員も積極的に育児をし、人としても社会人としても、成長して欲しい」と話す。誰もが気兼ねなく子育てができるよう、社員から要望があると、廣川社長が率先して柔軟かつ迅速に、制度化に努めているという。育児経験を持つトップがつくる新たな社風に、社員の安心感も増しそうだ。


平成30年新入社員の横山莉子さん(左)と、短時間勤務継続中の野田朋恵さんと4歳になったご子息の稜くん。


社員の家族も参加した稲作体験。