ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

丸山木材工業株式会社(中津川市・木材製品製造卸業)

【2021年4月 8日 更新】

  • 多様な休暇制度
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • インターンシップ
  • 地域連携

従業員数/男性11名 女性4名 計15名 ※2020年12月現在

エクセレントPOINT

①子育て・介護に優しい柔軟な勤務形態の導入
②リフレッシュ休暇や年次有給休暇の取得しやすい職場づくり
③毎週水曜日をノー残業デーに設定

多彩な制度で働き方改革

 住宅用建築資材等の販売・配送、国産材原木丸太の集材・販売、石油製品販売をする丸山木材工業は、電気・電子部品製造のイワビシ、道路交通安全施設の設計・施工の東海道路、杉の子幼稚園など8社2法人が多角的事業に取り組むマルヤマグループの中心的役割を担う企業である。
 従業員の子育て支援・福利厚生については、これまでに多くの制度を構築してきた。
 例えば、従業員の子育てを支援するため、第一子は月額8千円、第二子は1万円、第三子以降は2万円の家族手当を高校卒業まで支給。経済面だけでなく、子の看護・介護休暇は時間単位での取得が可能であるほか、子どもの行事参加、配偶者出産休暇、育児・介護の時間外労働の制限や短時間勤務など、従業員の子育てなどを積極的にバックアップしている。こうした制度の充実を図るとともに、健康・快適で仕事のしやすい職場づくりや持続的に発展する企業を目指して、「新はつらつ職場づくり」に取り組むことを労使で宣言し、グループ内6企業を登録している。
 また、社会・環境貢献活動(CSR活動)の一環として、岐阜県、中津川市、マルヤマグループの三者で「恵みの森林づくり協定」を締結。森林空間を利用した体験や従業員とその家族のレクリエーションによって森林環境保全を学んだり、木育教育を通して地域交流を深めるなど、地域の発展に貢献できるよう活動を展開している。


新本社を移転新築。快適な室内環境を実現し、働きやすい職場環境づくりに取り組んでいる。


恵みの森林づくり活動「木育授業」には、中津川市川上小学校4~5年生の12名が参加。