ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

塚本産業株式会社(美濃加茂市・土木・舗装工事業)

【2022年3月28日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 多様な休暇制度
  • 所定外労働時間(月平均)10時間以下
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • インターンシップ
  • 地域連携
  • 女性管理職登用

従業員数/男性17名 女性5名 計22名 ※2021年12月現在

エクセレントPOINT

①子育て・介護に優しい柔軟な勤務形態
②休日の見直しによる働き方改革
③結婚記念日手当の支給

社員満足度の追求 働きやすい環境へ

 アスファルト舗装を主軸とした建設業を担う塚本産業。地域の基盤を整備する公共の業務を中心に工事を行い、地域貢献に力を入れている。始業時間・就業時間の繰り上げ・繰り下げ制度により、現場監督業務を行う女性社員も仕事と育児を両立しながら活躍している。
 天候や時期により仕事量が左右されやすい状況を逆手に取り、勤務をシフト制に変更することで休日を12日増やした。「以前は休みを取りづらい環境だったが、今では有給休暇を90%以上消化できるようになった。複数人が休んでもカバーしあえる体制ができつつあると実感している」と塚本雄一郎社長は振り返る。
 これからの課題は業務を効率化することで、有給休暇や父親の育児休暇の取得を促すこと。結婚記念日手当や誕生日ケーキの支給以外にも結婚支援情報の提供などの活動も視野に入れて活動している。
 こうした取組みから、社員からは「以前より休日が増えたうえ、シフト制なので自分の予定に合わせた休暇が取れて助かっている」「子どもの送迎等でフルタイムでは働けないが、臨機応変に対応してもらえてありがたい」などの声が上がっている。
 塚本社長は「最終的に会社も社員も家族も満足することが大切。土が良ければ種は育つ。業績をしっかり伸ばし、実がなることで制度という器も生きてくる」と話し、今後も社内の風土づくりに取り組む。


育児短時間勤務制度を活用して、仕事と家庭の両立を図る。


社内の仕組み、風土づくりに力を入れる塚本雄一郎社長。