ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の紹介
~女性が生き生きと働いている企業~

タック株式会社(大垣市・情報通信業)

【2022年3月28日 更新】

  • 年休取得率55%以上
  • 多様な休暇制度
  • 女性の育児休業取得率75%以上
  • 男性の育児休業等取得実績
  • 介護休暇・休業取得実績
  • 育児中の多様な働き方
  • 介護中の多様な働き方
  • 育児・介護以外の多様な働き方
  • 育児・介護休業取得促進・復帰支援
  • 育児や介護による退職者ゼロ
  • インターンシップ
  • 地域連携
  • 女性管理職登用

従業員数/男性281名 女性67名 計348名 ※2021年12月現在

エクセレントPOINT

①「育休明け保健師面談」を実施し、円滑な復帰をサポート
②男性社員の育児休業取得を促し、これまでに延べ9名が取得
③多様な働き方の実現のため在宅勤務制度を導入

育休取得も復帰も円滑に

 タックでは、2010年から育児休業を2才になるまで延長したり、育休中も賞与を支給するなど、早い段階から子育て支援に取り組んでいる。育休取得を促すだけでなく、育休後の職場復帰サポートにも注力。復帰1〜2ヶ月前には、面談により希望の働き方を確認し、復帰1週間後にも、保健師による健康指導や両立支援相談を行う「育休明け保健師面談」を実施。「復帰直後は生活の変化が大きく、無理をしがち。保健師が専門的な目で相談にのることで、安心して復帰できると好評」と話すのは、企画管理部の安藤玲子さん。
 復帰後は、就学前までの育児短時間勤務や、小学5年生になる前までのフレックスタイム制が利用可能。また気軽に年休が取れる環境を目指し、5人程度のチーム体制で、休み中の業務をサポートしている。男性の育休取得も促しており、これまでに延べ9名の取得実績があることも、その現れだ。
 08年からは年6日の年休一斉取得を実施したり、半日単位で年休取得を可能にすることで、年休取得率は常に50%以上。出産・育児による退職者も10年以降ゼロを更新しており、働きやすい職場環境が構築されている。
 また、通勤時間、移動時間の有効活用と共働きの社員の増加による子育てや介護との両立を支援するため、ライフスタイルに合わせた多様な働き方の実現に向け、21年7月から在宅勤務制度を導入した。今後も多様な働き方に対応できるよう社員の声を聞きながら積極的に取り組む構えだ。


年1回、育休中の社員と育休経験者の懇親会を開催し、情報交換の場をつくっている。


夫婦で同じ職場に勤務する大野佳世さんは「夫婦で育休を取得し、協力し合いながら仕事と育児を両立している」と話す。