岐阜で活躍する女性の紹介
〜岐阜で活躍する女性からあなたへのメッセージ〜

「ならぬ堪忍、するが堪忍」
以前、お客様が色紙に書いて
くださった言葉
この先、どんなことがあっても
ぐっとこらえて
負の感情を自分の中にとどめられる人間になりたい


大垣共立銀行 大曽根支店
大内未紗(おおうち みさ)さん

【2016年4月25日更新】

大垣共立銀行の大曽根支店で融資係を担当する大内未紗さん。女性の目線で商品やサービスを考える大垣共立銀行の「L's(エルズ)プロジェクト」のプロジェクトメンバーを兼務しています。

「地元である岐阜に貢献したい」
その思いで大垣共立銀行へ入行

 学生時代は東京で過ごしましたが、「いずれは地元である岐阜に帰って働きたい」という思いで就職活動を行いました。そんな中、大垣共立銀行と出合い、「銀行はサービス業」という考え方に惹かれました。
 偶然下宿先の先輩が大垣共立銀行で働いており、話を聞いていたところ金融業にとらわれない先進的なサービス内容に魅力を感じました。「ぜひ働きたい!」と強く思い、入行を決意。現在は大曽根支店で、融資係として法人や個人事業主のお客様に相談業務を行っています。個人事業主のお客様を担当し開業資金の融資について相談に乗らせていただいた際には、契約時に「頑張ってくれてありがとう」と感謝していただいたことが印象に残っています。

「L'sプロジェクト」への参画で
物の見方が変わり、幅が広がった

 「L'sプロジェクト」のメンバーになったのは、平成27年の5月からです。想像もしていなかったため、辞令が出たときは「営業店にいる私が!?」と、驚きと共に戸惑いを感じました。
 しかし実際に始まってみると、イベント運営側としての考え方や物の見方が新鮮で、勉強になっています。例えば運営者や参加者の方など、イベント当日の人の流れを意識してスケジュールを組み立てていく作業は、これまでに経験したことがないものでした。今では日常の仕事においても、周囲の動き方を意識したスケジュール管理を行うようにしています。
 対象を女性に限定した活動なので、自分でもアンテナの張り方が変わったと感じています。以前はさまざまな情報に対して完全に受身の態勢でしたが、現在は自分が興味のある事象や出来事に対し、「L'sプロジェクト」の活動の参考になることはないかと積極的に考えるようになりました。

豊富な出会いがあり
経験を積める面白味のある仕事

 融資係としても、「L'sプロジェクト」の一員としても、多くの業種の方と出会えることやたくさんの知識を得られること、そして幅広い業務が経験できることが大きなメリットだと思います。ただ、多くの仕事を決められた時間内にやりきらなくてはならないことには、難しさを感じています。
 さらに、現在は月に1度「L'sプロジェクト」の会議があるので、普段の業務との兼ね合いでスケジュール管理が大変です。それでも仕事自体がとても面白いことが原動力になっています。

休日をこれまで以上に充実させて
自分の可能性を広げたい

 仕事中の息抜きは、温かいコーヒーを飲んでホッと一息つくこと。休日の息抜きは、予定がなくても外出することです。オフの日に仕事のことを全く考えない時間を作ることで、リフレッシュしています。
 私はドライブが好きで、行ける範囲ならどこでも車で行ってしまいます。最近は、出雲大社まで7時間かけてドライブしました。旅行気分も味わえてとても楽しかった!
 「L'sプロジェクト」のメンバーは向上心が高く、習い事をしている人がたくさん。スケジュール管理も上手で、うらやましく感じています。メンバーを見習って、私もこれまで以上に休日の過ごし方を充実させたい。ドライブ以外の趣味も見つけて、土日の楽しみにしたいと思います。
 今後の大きな夢は将来結婚をしたとき、仕事と家庭を両立できるような、素敵な女性になること。前任店を異動する際にお客様が色紙に書いてくださった言葉「ならぬ堪忍、するが堪忍」を胸に、夢に向かって前向きに頑張っていきたいです。